「ストレートネックという診断を病院で受けました」と言われる方が来院されることがあります。このストレートネックは、首や肩の不調はもちろんなのですが、他にも体のいろいろなところに良くない影響を及ぼしてしまうのです。

ストレートネックとは?

ストレートネックとは、本来首の骨は緩やかにカーブを描いているのですが、何かしらの負担のかかりすぎによりカーブが失われ、まっすぐな状態になってしまい、顔が前に突き出したような姿勢になることを言います。最近では「スマホ首」とも言われています。
ちなみに、人間の頭の重さは成人で約4キロから6キロと言われています。お米の5キロ程度なので、結構重いですよね。さらに、うつむく角度によって、首の骨にかかる負担の重さが変わってくるとも言われています。

うつむく角度首の骨にかかる負担
0度 約4~6kg
15度 約12kg
30度 約18kg
45度 約22kg
60度約27kg

ストレートネックだと、どういうことが起こる?

  • 肩や首のコリ・痛み
  • 頭痛・腰痛
  • 首を動かすと痛い
  • 腕が挙がりにくい
  • 立ち上がる時に膝が痛い
  • 呼吸がしづらい・浅い
  • 疲れやすい、イライラ、不眠

うしたら防げる?

  • パソコン作業の時、できるだけ腕を体から離さない、椅子の座り方
  • 携帯電話を見る際の、覗き込む姿勢

など、とにかく姿勢に気を付けることがまずは大事です。 姿勢のことをより詳しく知りたい方は、施術の際にお尋ねください。