2019年10月27日、久しぶりに京都の伏見桃山にある平井整骨院院長、平井先生の勉強会に参加してきました。

今回は、主に以前教えていただいた技術の復習と、施術方法が自己流になっていないかどうか、をチェックしていただきました。

身体のふれ方、ふれたときの強さ、自分の体の位置や体制、身体にふれる間(ま)、呼吸を合わせる、右回り左回り、など少し武道のように感じました。そう、平井先生は少林寺拳法の遣い手でもあるのです!

ふれ方は手のひらで包み込むように、ふれたときの強さは肌を介して骨をふれるように、自分の体の位置や体制は、自分自身がきつくない体制、体にふれる間合は一呼吸置いてからではなく、体から自分の呼吸を相手に合わせる、できるだけ左回り等々、午前中は徹底的にしごかれました(汗)

午後からは実際に、自分たちの体の不調をチェックして、お互いに施術をしていきました。私の身体は、なかなか面白いらしく、ほとんど私の身体で実際の施術を行っていきました。結果、私の身体の動きが良くないのは、肋骨の動きが悪くなっていること、顎の筋肉が関係しているようでした。

おかげで身体がスッキリ快調になりました!そして最後に、平井先生から「過去の事は忘れなさい」と、意味深げなことを言われて終了しました。一体なんなのでしょうか?

その後、先生方と懇親会へ。お酒を飲みながらでも、やはり話す事は、身体の仕組みの話になります(笑)

今回学んできたことをしっかりと、今後の施術に生かしていきたいと思います。皆さん楽しみにしていてくださいね!

◇平井整骨院
京都府京都市伏見区
桃山町金森出雲1?42
TEL:075-612-7277(要予約)