2018年8月26日(日)に京都・平井整骨院で開催された、整体講座を受講してきました。

講座が朝からでしたので、それに間に合わせるために、前日に京都に入ることになりました。京都はなかなか遠く、鹿児島→神戸空港へと移動、その後電車で京都へ向かうルートで行きましたが、神戸空港から京都のホテルまで約2時間かかりました。それなので、宿泊先に着いたのが23時30分。次回からは新幹線で行きます!

さて、今回講座を受講された先生方は愛知、滋賀、京都、そして鹿児島と全国各地から参加されていました。

まずは施術前の検査について学びました。検査もただ行えばよい、というものではなく、触り方、強さ、角度、どこから不調が出るのか、などを細かく見ていきました。それが出来た上で、いちばんどこが問題を起こしているのか、ということを見つけ出していきます。その不調となっている原因が首なのか、足なのか、それ以外なのか、見極めていきます。そのようにすることで、受けている方も負担なく施術を受けることが出来ますし、原因が見つかることで、不調を繰り返すこともなくなっていきます。その検査が終わった後に施術に入っていきます。

施術の方法はまず、基礎から教えていただきました。基礎は全身を調整する方法です。この時も、触り方や力の加減が非常に大切になってきます。少しでも触り方が悪かったり、力が強かったりすると調整が全くされません。とても繊細です。この基礎だけで午前中の講義が終了となりました。

午後からは応用編。もっともっと細かい、原因となる部分の調整の方法について学びました。これも、基礎と検査と同じように、触り方や力の加減が重要になってきます。応用では特に、関節の連動を調整していくのですが、その手技がなかなか複雑で受講された先生方も、私も四苦八苦していました。特に腕の連動は難しい・・・。改めて人間の身体というものは、複雑に動いているのだな、と実感しました。そうしている間にも、あっという間に午後の部も終了し、懇親会へ。まぁ、もちろんそこでも身体の話。2次会にも行き、やはりそこでも身体の話。話は尽きませんでした。

鹿児島に帰ってきてから、さっそく学んだ手技を施術で使っています。この手技は、全く痛くないソフトな施術方法です。身体に大きな刺激が入らずに、身体が変化することが期待できます。

施術を受けられたお客様は、少ない刺激で身体が変化することにビックリして、喜んでもらっています。施術をしている私も、人間の身体は本当に不思議なものだと、勉強するたびに謎が深まっていきます。

平井整骨院

京都府京都市伏見区桃山町金森出雲1-42

075-612-7277(要予約)