私の母親の話なのですが、実家に帰った際、ひざが痛くて正座ができないのよね、と相談されました。膝に問題がある方はある程度パターンがあります。
 
  • 股関節が固い。
  •  足首の動きが悪い。
  •  骨盤の歪みがある。
 
まず、この3つをチェックしてみました。
 
その結果、足首の動きが悪いようだったので足首の調整をしてみました。
一度、チェックをしてみてどうかと尋ねると、少しは良くなったと言う答え(笑)。次に、膝を曲げるのに大切な筋肉を調整してみました。「だいぶ曲がるけど、まだある」と言う答え。
 
他に左右差がないか、しっかりと確かめてみたところ、調子が悪い膝の足の親指が浮いていました。そこでその足の親指に関係する関節を調整してみたところ、「あれ?全然痛くない」問題は、足の親指が正しく使えていなかったことのようです。
 
足の親指を正しく使えるようにするエクササイズを教えてみたところ、全くそのエクササイズが出来ませんでした。必ず行うようにと伝え、1週間後にチェックしてみたところ、正座をしたときの膝の痛みが全くなくなっていました。宿題となっていた、足の親指を正しく使うエクササイズは、少しできるようになっていました。やはり足の親指は大事ですね!
 

足指のエクササイズ

  1.  親指を上に反らせ、それ以外の指は下に曲げます。

  2. 親指を下に反らせ、それ以外の指は上に反らせます。

  3. 繰り返します。