施術中に「いい姿勢ってどうすればいいのですか」とよく聞かれます。今回は、正しい姿勢について書いてみたいと思います。

まず、最初の写真はいわゆる「姿勢が悪い」という状態です。首は前に出て、背中は丸くなり、肩も内巻でお腹が出て、ひざが曲がっています。このときの重心は後ろにあります。このような状態だと身体のいろいろなところに負担が生じてきます。

例えば、首が前に出ているので首こりや肩こりになりやすく、猫背で肩が内側に入っているのでバンザイがうまく出来ない、お腹が前に突き出ているので腰も痛くなり、ひざが曲がっているのでその状態が記憶され、ひざがこれ以上伸びなくなったり、不調が起きてしまったりすることがあります。

次の写真は「正しい姿勢」です。1顔は後ろに引かれ、2背中は肩甲骨が寄り、3骨盤が立っている状態です。この1〜3がいちばん大切なポイントです。

1、顔を後ろに引く
耳の穴と鼻の先が地面と平行になった位置でそのまま後ろにスライドさせます。

2、肩甲骨を寄せる
肩甲骨の間の背骨を後ろから誰かに押されたような感じです。胸を張るのではありません。

3、骨盤を立てる
腰の骨を反らせるのではなく、骨盤を前に回転させるイメージです。

このように、1〜3を意識して日常生活を送ると身体に負担がかかりづらくなります。

ぜひ心がけてみてくださいね!