今回は膝(ひざ)についてお話をしていきたいと思います。

女性の方に多いのが、下の写真のような立ち方です。

ご覧の通り、股関節、膝関節、足先も全て内側に向いていますね。膝を曲げ伸ばしする際には、太ももの骨と膝から下の骨は全く別の動きをします。

曲げるときには、太ももの骨は外側に回転をして、膝から下の方では内側に回転します。逆に、伸ばすときには、太ももの骨は内側に回転し、膝から下の骨は外側に回転します。

それですので、右の図のような姿勢では、正しく膝が曲げ伸ばしできなくなり、筋肉、靱帯(じんたい)、軟骨などに負担がかかってしまい、不調が起こってしまいます。

特にスポーツをされている方には、とても重要な問題になってきます。このような状態で、飛んだり、踏ん張ったり、走ったりすることで、怪我のリスクがとても大きくなってくるからです。

身体は全体でバランスを取ろうとしますので、膝だけではなく、足首や腰、股関節、首や肩など、すべての不調にも関係してきます。したがって、写真のような癖がある人は充分気をつけなければなりません。

気をつける点は、普段からの姿勢や靴ひもを履くたびに毎回しっかり結ぶ、足を組まない、などたくさんありますので、みなさん一度見直してみてくださいね。

筋肉のトレーニングもありますが、これに関してはなかなか文章で説明するのは難しいので、施術に来られた際に直接聞いていただければと思います。