平成28年11月26日(土)~27日(日)に富山の南整体院へ、伝統療法勉強会へ行ってきました!

伝統療法勉強会へ参加してきました!

毎年、年に2〜3回富山の南先生のところへ、伝統慮法の勉強会に参加しています。これは、もちろん新しい技術を習得するためと、今まで習ったことが自己流になっていないか、総本山の南先生に直接チェックしていただくためです。

今回は特に手と足の調整をメインに教えていただきました。
まずは触れるだけの調整法です。問題を起こしているポイントをチェックして、そのポイントに触れるだけで動きが改善されていく、という相変わらず不思議な施術方法です。

伝統療法勉強会へ参加してきました!

 また、あごがカクカクする、違和感がある、口が開けづらいなどの不調も、触れるだけで楽になっていく施術方法も教えていただきました。鹿児島に帰ってきて、早速施術に取り入れてみたところ、手術を勧められていた10代の女性が、だいぶ口を開けることが楽になった、と言っていました。

手首や足首の調整方法は、直接、骨自体のゆがみを調整する方法でした。手首に関しては、治療家ははやり、手を使う仕事だからでしょうか、問題があると少し痛みがありました。足首は、非常にソフトな施術方法でした。足首の動きが悪い人、ひざの動きが悪い人、外反母趾の人にアプローチします。

他は、身体をひねりながら行う、股関節の調整方法。これは、不思議系の施術です。ある部分を触ると、どんどん身体をねじる動きが楽になり、結果的に股関節の動きが良くなる手技です。

今回は特に、実践にすぐに使えるような手技を中心に教えていただきました。いつもながら時間が足らず、予定していた忘年会が30分も遅れるほどでした。

来年の抱負なども全国の先生方と話すことで、また新しい刺激をもらって帰ってきました。