季節の変わり目になってくると多くなるのがぎっくり腰。今回はぎっくり腰についてお話をしていきたいと思います。

ギックリ腰の原因は?

本当に人それぞれです。腰だけでなく、骨盤のゆがみ、手や腕のゆがみ、足のゆがみ、お腹の硬さなど、腰以外のところに原因があることが多く、身体のどこかが左右大きくバランスを崩したときに起きやすくなります。

足の小指側重心の歩き方をする方もギックリ腰になりやすく、やはり身体の土台となる足、歩き方はいちばん重要となります。

さらに食べ過ぎることにより体に毒素が溜まってしまい、それが炎症を起こし、ぎっくり腰になってしまうこともあります。 1月、2月はこの食べ過ぎによるぎっくり腰が多かったように思います。

ギックリ腰は繰り返す?

繰り返しません!

もし、繰り返しているのであれば、原因は日常の姿勢の悪いクセを直さないからです。小指側重心の歩き方、テレビの向き、スマートフォンの持ち方、座ったときや運転中に足が開く、などが注意すべき点です。

さらに、本当の原因(上記参考)を見つけ出し、きちんと施術していないことも繰り返す原因となります。

ギックリ腰になったら?

  1. 冷やしましょう。温めると痛いところがさらに痛くなるおそれがあります。冷やすときは「氷」で、15~20分冷やし、1時間あけてまた15~20分冷やします。これを3回繰り返します。長湯や温泉は控えた方が良いでしょう。
  2. 無理に動かず安静にしていてください。個人差はありますが早くて一日長くても3日ほどで炎症はおさまってきます。
  3. お水を飲みましょう。お水を飲んで体の毒素を外に出してあげましょう。
  4. 断食をしましょう。体の中に毒素を入れないためです。

ギックリ腰の予防はある?

  1. 姿勢に気をつけましょう。座っているときの姿勢やもの を持つ姿勢、立っている姿勢など、常に意識してみましょう。
  2. ストレッチをしましょう。腕やアキレス腱、すねの筋肉などを毎日30秒でも伸ばしましょう。
  3. 暴飲暴食をやめましょう。体に毒素をためないようにしましょう。
  4. 足の指をしっかり使って歩きましょう。靴ひもをしっかり締めましょう。

ギックリ腰を繰り返さないためには?

ギックリ腰になった本当の原因を見つけ出し、最後までしっかり施術をして身体のバランスを整えることが大切です。

また、ご自分の日常生活の姿勢や食生活を見直して、改善していくことも大切です。

さらに定期的な身体のケアで、身体のバランスを常に正しい状態にしていくことも必要になります。

そうすることでギックリを繰り返さなくなり、もし万が一なってしまったとしても軽くおさまることが多いです。

あなたの替わりは誰もいません!日ごろからご自分の身体をしっかりメンテナンスしましょう。