平井整骨院(京都)勉強会へ参加してきました

約3年ぶりに、京都の平井整骨院院長平井先生のもとへ勉強に行かせていただきました。今回は施術を受けるモデルとして、奥さんも一緒に同行です。

平井先生の治療技術は、独自の視点や解釈などによって創られたオリジナルの手技で、現在よしどめ整体院の基盤となっている施術方法です。今回はそれに加え、カイロプラクティックの技術や理論なども教えていただけることになりました。

約3年もの期間が空いていたので、オリジナルの手技がとても進化していてビックリしました。以前から手の感覚がとても大事だよ、と教わっていたのですが、それに加えて身体の使い方も追加されていました。さらに、四つ足動物の話なども組み込まれており、もう頭の中がパニックになり頭から煙が出そうでした。

まずは基本的な手の使い方・触れ方。これが出来ないとこの先に教えていただける手技にも影響があるとのことで、徹底的に練習。平井先生の手の使い方と、自分の手の使い方は一体何が違うのか?「何か」が違うことはわかっているのですが、その「何か」を解明するために、細い目しっかり開いて観察した結果、見つけました!

そして平井先生に「こんな感じで使っていますか?」と聞いてみたところ、「そんな使い方しているかな?」との答えが返ってきてビックリ!これはできる人に良くあることだと思うのですが、意識して行っているわけでもなく、無意識に自然とやっていることなので本人もよくわかっていない。それなので、人間以外のものを触ったり・握ったり・持ったりしてもらいました。その結果「そういえばこんな使い方しているね~」となり、ご自身でも納得されていました。

そうなると身体の使い方も同じく、「よくわからない」となるわけです。そしてまた私の細い目しっかり開いて平井先生の観察が始まるわけです。この時は平井先生自ら意識しながら動いていただいたので、意外と早 くわかりました。

その後も検査や知識など盛りだくさんのことを教えていただき、あっという間に一日が過ぎていきました。毎回思うのですが、やはり直接教えていただかないと正しい施術はできないということ。手の使い方・身体の使い方 は伝わらないということ。

まだまだ世の中は落ち着きませんが、少しずつ様子を見ながら勉強に行かせていただきたいと思っております。

平井整骨院

京都市伏見区桃山町金森出雲1−42

075-612-7277(予約制)

Follow me!