教科書には載っていないゴルフ講座

評判の良い、整体師・カイロプラクター視点でのゴルフの打ち方についてご紹介してみたいと思います。この方法は、人間の身体の特性を利用した身体の使い方です。もちろん、教科書には載っていません!

クラブの持ち方

クラブを持つ時は「腕をしぼる」とよく言われているようですが、みなさんどの方向にしぼっていますか?よしどめ整体院に通われているお客様のフォームをよく見てみると、ほぼ全員がクラブを握る時に腕を内側にねじってしまっています。

教科書には載っていないゴルフ講座

腕が内側に入っています。

これは身体の使い方から見ると間違いです。なぜなら人間の身体の特質上、身体が内側にねじれると力が入りにくい、ということがあるのです。そうすると身体が力(りき)んでしまい、身体が回転しづらくなります。結果、真っすぐ飛ばない、飛距離が伸びない、腰や肩などの関節に負担がかかり、身体を痛めやすくなってしまいます。

整体師が提案するクラブの握り方

私が提案するクラブの握り方は、腕を内にしぼるのではなく、同じしぼるでも外側に向けてしぼる、そうすることで関節が外を向くので、無駄な力がいらず、無理に身体をひねる必要がなくなります。

教科書には載っていないゴルフ講座

腕が外側を向いています。

ポイント

写真のようなサポーターを手首や腕に巻くと、腕や肩の疲労が抑えられます。

スタンス

骨盤がねじれると、自分では真っすぐ立っていたとしても、どちらかの足が少し前に出ています。足の長くなっている方が前に出て、短い方が後ろにいきます。

教科書には載っていないゴルフ講座

無意識に立つと、骨盤のゆがみでどちらかの足が前に出やすくなります。

例えば、右の足が長いとすると、骨盤は左へ回転する傾向にあります。そうした場合、右足を前に出したままスタンスをとってしまうと、骨盤が左へ回転しているので打ったときにボールが左側へ流れやすくなります。さらに、身体のゆがみとは反対方向に身体をねじる事になるので、力みやすくなり、腰も痛めやすくなります。また、テイクバックもしづらくなります。

整体師が提案するスタンスのとり方

この場合は、右足を少し後ろへ引いたスタンスを取ると、骨盤が真っすぐになって自分が思っている方向にボールを打ちやすくなります。

教科書には載っていないゴルフ講座

ご自分の身体のゆがみに合わせて足の位置を調整します。

骨盤のねじれやすい方向は人によって違うので、施術のときに聞いてくださいね。

骨盤がゆがむと足の長さが変わります

骨盤がゆがむと足の長さが変わります-よしどめ整体院-

施術を受けるタイミングは?

「プレー前の施術とプレー後の施術、どちらが良いですか?」と良く聞かれます。良い成績を出したいのであればプレー前、身体の疲労を抜きたいのであればプレー後をおすすめしています。

月1度のケアをされていると、身体の状態も安定しやすいですし、身体に不調が出た場合も楽になるのが早いです。定期的なケアがやはりいちばんの近道です。

自分のゴルフのフォームを見てほしいんですけど

施術に来られた際、動画を持って来ていただけるとフォームの改善を提案することができます。また、練習場への同行やゴルフ教室の開催も可能ですので、ご希望の方はご連絡ください。

メール

メールお問い合わせ-よしどめ整体院-

次回のイベントはこちら

アスリートウォーキング

7/26(日)13:30〜アスリートウォーキング体験会開催します-よしどめ整体院-

前回のイベントの様子

アスリートウォーキング

心拍数を使ったアスリートウォーキング体験会 開催しました-よしどめ整体院-

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次